お前は自分の今やっていることに胸を張れるか?俺は晴れる!

今日は専業仲間と飲み。 クリスマスの夜に、野郎5人で飲むのも、如何なものか? と、思うたけど、まぁ一応昨日チキン食べたから、OKやろ。 今日来た店は、多分5年ぶりくらいに、来た店。 人一人が、やっと通れるくらいの路地裏にある、地元民御用達のお店。 自分が高校生の時は「かるちぇらたん」てゆーBarだったっけ… 誤解されると、いけないので言っておくが、別に飲みに言った訳ではない。 では、何故こんな路地裏にあった店の名を、未だに覚えているのかと言うと、普通店が開店すると、店の前に花輪が飾られるのだが、大抵は不動産屋だったり、ビルのオーナーだったり、友人だったり…。 しかし、その店に唯一飾られていた、花輪に書いてあった名前は… 「萩本欽一」 なんと、あの欽ちゃんである。 過去にうんちくでも書いたが、現在のお笑いの礎を築いた偉大な人である。 決して、野球好きのおじいちゃんではない。 そんな、お笑い界の重鎮が何故、こんな路地裏の店に花輪を贈ったのか? よほど、深い関係の仲だったのかは分からんが、この店は確か、1年くらいで潰れたと記憶している。 それから何度、店名が変わったか分からんが、この店になってからは割と長く続いている。 とにかく値段が安い! それでいて美味い! 日曜の夜、ましてやクリスマスやと言うのに、大盛況。 しばらくは安泰やね。 ところで、今回のハナシの中で、自分の今やっている事を、胸を張って言えるんか? という議題に。 まぁ、議題っちゅーほどのモノでもおまへんが…。 今やっている事とは、もちろん「スロット」である。 スロマガでお馴染みの「しのけん」は親戚に一切、専業及びライターである事を隠しているというが、皆さんはどうやろ。 自分はこの仕事に、誇りを持っているので、誰にでも胸を張って言える。 同級生の中には、一流企業で、ソコソコの役職についてる奴、親の跡を継いで社長になった奴、いろいろいるけど、自分はスロットで食ってると、恥じる事なく言ってる。 引け目を感じるくらいなら、とっくに仕事してるっちゅうハナシや。 そんなハナシで盛り上がってる内に、2時間のノミホなので、あっという間に終了。 いつも、同じ場所でしか飲まへんから、たまには、違う場所で飲むのもアリやな。 まぁ、明日も稼働あるし、ほどほどにしとかんとな。 とは言え、屈強な連中ばっかやから、そこら辺は心配いらんやろ。 かまいたち…いや、おまえたち、またコヨーテ…いや、来ようぜ 笑 さぁ、早よウチ帰って録画しといた「さまぁ〜ずの神ギ問」見よ。

1日に2回も来るレジスターの営業マンについて

私は洋菓子店を営んでいるのですが、現在とあるメーカーのレジスターを使用していてまだリース中です。 にもかかわらず、そのメーカーの営業マンがちょうどリースが3年経過したあたりから頻繁にアポなしで訪れるようになりました。 最初は仕方なく対応してお断りしてきましたが、ついこの間そのメーカーの営業から一日に二回も訪問があったのです。 午前中お断りしたにもかかわらず、また午後にも来たのです。 午前中にも来て断ったのになぜまた来たのか問い詰めましたら、いや違う会社でとかなんとか訳のわかららないことを言い出しまして。 さすがに温厚な私も切れまして、一度会社にクレームを入れてやると、会社の電話番号をインターネットで意気込んで検索してましたら、一つのサイトのタイトルが出てきて気になったので少し読んでみました。 内容としましては、その会社はグループ会社で同じ商品を売っていて販売している何社もあって、しかも会社名もメーカーにちなんでいるのか、同じ名前が入ってるので同じ会社だと認識されやすいが別の会社のためお互いの訪問先がわからず、場所がかぶってしまうと同じところに訪問してしまうこともある、とのことでした。 なるほど、と事情がわかった私は怒りのクレームを入れるのをやめ、訪問をなるべく控えてもらえるようお願いの電話にしました。

ウノ餃子の王将で2連チャンして送信「中段」

あぁ〜中段チェリーを引いたぁ〜中段チェリーは実戦上バー揃い確定その確率は実に1/16384さらに揃った時点でART確定となるプレミアムセンターボーナス確定です さぁ、ここから松浦が反撃の狼煙を上げるかガタッおっと、松浦が席を立ち自販機に向かいますガコッそしてコーラを2本買ってその内の一本を激しくシェイクおぉ〜っとその激しくシェイクした方のコーラを下里に渡す 「ゲリちゃん飲めや」まさに先ほどのリベンジだぁ〜「テメェ〜」「あ〝ぁ〜ん」「やんのかゴラァ〜」「んだとゴラァ〜」ちゅ♡ あぁ〜っとまたもやキスをする下里と松浦4回目ともなるとみんな退いてます松浦ファンもドン引きさぁ、しかしながら松浦はオーバーチュアーで大量上乗せのチャンスです+150Gおぉ〜っと神曲ラッシュは150Gスタートです 「さぁ、ここからぶっ放すぜぇ〜」「リョウさん…コッチは6が確定している事をお忘れなく」「けっ!北斗の6で喰らってる奴らを俺ァ何人も見てきてんだよ」「俺は他のザコ共とは違う」「それはどうかな…」おっと、ここで下里が激闘ステージまで行きました ババババボカ〜ンあぁ〜こ、このステージはぁ〜 つづく次回予告激闘乱舞中に激闘ステージまで行った下里…この後ケンシロウが宇宙へと旅立つ…次回 「闘神」ご期待下さい。

エヴァを打っていただけなのにあだ名がテニプリになった男

今日は、いや、日付変わって昨日は後輩クンの誕生日。といっても、グループラインで飲みの誘いが来たらたまたま、この後輩クンが誕生日だったって言う 笑と言うわけで、飲み会と言う名の誕生日会緊急開催!後輩クンと知り合ったのは、まだホールにエヴァ約束が大量設置されていた頃。その店に行くと、毎日ジャージを着て帽子を被り椅子にテニスラケットを掛けてエヴァ約束を打ってる兄ちゃんがいた。なんで高校生が真っ昼間からスロット打っとんねん︎そう思っていたが、別に毎日ただただエヴァを打っていたので気にもしなかったが、とりあえず「テニプリ君」とあだ名を付けた。しかし毎日顔を合わせているうちに話すようになり、よくよく聞いたら大学生だった! あれから気がつけばもう6〜7年経つのか…でも、この後輩クン繋がりでどんどん後輩が増えていって 笑そんで結局、今日も終始スロットの話で終わったんだが。たまには他の話もしろよ!と、言われそうだが中々、他の話題がないのが現状…。 いや、あった!一つだけ。後輩の1人に仕事よりヒゲを選んだ奴の話 笑ナンノコッチャか分からんと思うが、彼はもみあげとヒゲを繋げており、そのヒゲがある種のトレードマーク的な感じだったんだが、叔父さんの経営する会社にコネで入社し、ヒゲを剃るように言われたが、ヒゲを剃るくらいなら会社辞める!とあっさりと辞めたらしい 笑 まぁ、この後輩はネタがアホほど沢山あるので、それはまたの機会に。とりあえず「テニプリ君」、誕生日おめでとう。

言わなきゃわからないけどハーフは損だ!

後輩から韓国土産に韓国のりを大量にもらった。旅行ではなく帰省。パチスロはこの先も規制。話が逸れた。後輩は母親が韓国人、父親が日本人のハーフ。と言うわけでハーフ感は残念ながら0。合コンで「今日はハーフの子連れて来てる」と言われて、この後輩が来たらまさに「ガッカリだよ!」である。ウエンツ瑛士系のイケメンハーフなら言う事なしだし、アントニー系の黒人ハーフなら笑いも取れる…が、言わなきゃ分からないハーフは損だ。そんな後輩とは色々と繋がりがある。子供の頃に食べに行った焼肉屋は彼の父親がやっていた焼肉屋で、いま彼が髪を切っている床屋は俺が小学生の頃に切っていたトコと同じ…と、運命めいたモノを感じてしまうが。 それから十数年後に、パチ屋で知り合う事になるとは…その後輩だが、ホールで知り合った当初はジャグラーのシマの主だった。当時、ハタチそこそこの兄ちゃんが、ジーさんバーさん達を仕切っていた。しかも「それは3の優秀台だから粘った方がいいよ」とか、「それは5の不調台だからヤメた方がいいよ」といった具合。 なんの根拠があるのか知らないが…と言うよりも、そもそも設定に優秀も不調もないと思うのだが…まぁ、そんな話はさておき、韓国のり。もちろんそのまま食べても美味しいのだが、それじゃあつまらないので、簡単に色々作ってみた。冷蔵庫にあったのはチーズと納豆ときゅうり…とりあえず納豆ときゅうりを混ぜてソコに韓国のりを投入!納豆と韓国のり、相性バツグン!パンとの相性もバッチリ!次は何作ろうかと、今からワクワクである。ところでこの後輩くん、韓国のりと一緒に韓国風ジャージャー麺なるモノも買って来てくれた。パッケージの写真を見ただけで美味そうだ。明日はこいつを食してみよう。つっても、作り方全部ハングル語だけどな 笑