ホットクレンジングおすすめランキング

ホットクレンジング図鑑

知識

ホットクレンジングなのに温かくない時の原因と対処法まとめ

投稿日:

最近、クレンジングは色々使ってみる事が楽しくてしょうがないという「私」です。どうぞ宜しく。(^^)

クレンジングには今や様々なタイプがありますが、ホットクレンジングを皆さん使ったことありますか?以前はあまり使った事がなかったのですが、ホットクレンジングの存在を知ってからはよく試すようになりました♪肌が温かくなる感覚がたまらないんですけど、そういえばこの頃はもっぱらホットクレンジングばかり使っているかもしれません。ホットクレンジングとひとえに言っても、現在は沢山ホットクレンジングがあるので色々試して楽しんでいます。(笑)

ホットクレンジングはその名のとおり肌を温めるてくれるのですが、肌を温めてくれることによって毛穴が開いてメイクや黒ずみの汚れを除去してくれる効果が高くなるんですよね。でも、使って気になった事があるのですが、ホットクレンジングなのにあまり温かく感じない事があるんですよね〜。せっかくホットクレンジングを使っているというのに、何故、温かくならないんだー(T_T)と、ちょっぴり悲しい気持ちになる事があります。

そ・こ・で、何故ホットクレンジングなのに温かくならないのか、原因と対処法を私なりに探って行こうと思います!ヽ(`▽´)/頑張るぞぉ!!

ホットクレンジングを使って温かくないと感じる人達の口コミを調べてみた

私はホットクレンジングを使ってもあまり温かくないと感じる事が多いのですが、他の人達もそうなのでしょうか?もしかしたら実は私だけが温かくないと感じているだけかもしれませんもんね??では、まずはホットクレンジングを使った人達の口コミを調べていきましょうっ!

ホットクレンジングなのでもっと肌で温かさを感じる事ができるのかと思いましたが、普通のクレンジングと同じような感覚だったので「ホット」と付けない方が良いのでは?

30代/混合肌/@cosme

温かいのはほんの一時でした。

30代/混合肌/@cosme

ホット温感はよく分からず、これ温感のやつだよね?って感じだった。

30代/混合肌/@cosme

冬場、肌にのせても全く温かくならない。

10代/脂性肌/@cosme

12月に入ると寒さからかテクスチャーが固くなってきて、温度もなかなか上がりにくい。

30代/乾燥肌/@cosme

個人的にはあまり温感を実感できませんでした。

20代/敏感肌/@cosme

うーん。やはり私と同じようにホットクレンジングを使ってあまり温かさを感じない人も結構居るようですね。また、例え温かいと感じたとしてもほんの一瞬だったり、自分が理想に思っていたような温かさを得られずちょっと残念に思った口コミ・ちょっぴり不満を感じるような口コミ等がありました。確かにホットクレンジングは温かさを感じる所が魅力的な部分なのに、それを感じる事が出来ないのはホットクレンジングを使う意味さえ考えてしまいますもんね。

私は出来ればホットクレンジングは主に冬に使って温かさを感じたいと希望しておりました。しかし、何種類かホットクレンジングを冬に使ってみたのですが、テクスチャーが冷えて固くなるのに比例してなのか肌につけてもあまり温かさを感じない事が多かったと思います。口コミでも同じように感じる方もいらっしゃるようでした。…冬の寒い時にこそ肌に温かさを感じたいのにそれが出来ない!!…それが私にとってかなり不満でもどかしい点ではありました。

逆に夏にホットクレンジングを使うなら「多少温かい程度」を望みたい所ですが、これまた希望と逆で冬よりは温かく感じてしまうかもしれません。それでもホットクレンジングは夏に使っても不快に感じる程の熱さはない場合がほとんどですので、普通に夏でもホットクレンジングは問題なく使えると思います。

ホットクレンジングが温かくならない原因は?

今までホットクレンジングを何種類も使った事がありますが、ホットクレンジングが温かくない時の理由は私自身、一番最初予想したのは季節や温度が原因である可能性が高いだろうと考えておりました。

夏に使う時は気温の暖かさによって自然にテクスチャーは柔らかめになるので、チューブであれば指で軽く押せば簡単に出てきます。しかし、冬の寒い時期にチューブを押しても固くてなかなかクレンジングが出てこない事も多々ありますよね?これこそテクスチャーが冷えている証拠だと思うのですが、冷えきったクレンジングは簡単に肌に伸ばす事は出来ませんし、そのせいで温かさを感じない事が多いのだと思いました。

大抵クレンジングは洗面所やお風呂場に置いておく事が多いと思いますが、そのような場所は「家の中で寒い場所」にあたりますよね。ですから、テクスチャーが冷えきって固くなる事が多いので温かく感じないのだと思いました。…寒い冬にこそホットクレンジングを使って肌を温めたいと思う人が多いと思いますが、これはある意味で致命的ですよね?

  • ホットクレンジングのようなクレンジング類は洗面所やお風呂場といった寒い所に置く事が多いのでテクスチャーが冷えて固くなりやすい。
  • 固くなったテクスチャーは手で馴染ませようとしてもなかなか出来ず、一生懸命馴染ませたつもりで肌に塗っても結局肌に馴染まず温かさを感じにくい。

上記のような事が原因なのではないのか?と、一番最初は考えました。

ホットクレンジングはそもそも何故温かくなるのだろうか?

推測でホットクレンジングを寒い所に所に置いておく事によってテクスチャーが冷えて固くなり、それが原因で温かさを感じにくくしてしまうのではないかと思ったわけですが、…そもそもホットクレンジングは何故温かくなるのでしょうか?徐々に疑問が大きく湧いてきました。これはもしかしたら温かくなる秘密を少しでも知る事ができれば、ホットクレンジングが温かくない時の原因と対処法がもっと分かってくるのではないか?と思い立ったのでもっと探っていこうと思いました…。

ホットクレンジングの温かさの正体はグリセリン

ホットクレンジングで成分表を読んでみると大抵「グリセリン」という成分が書かれていて成分に含まれています。そして温かくなる感じるのは、このグリセリンが発熱する時の効果なのです。グリセリンの発熱の仕方によって肌が温かく感じる度合いも変わってくる可能性が高いと思います。

グリセリンの特徴

  • 無色透明。少し粘り気のある液体で水に溶けやすい性質を持つ
  • 吸湿性が高いので、保湿剤として使用される事が多い
  • 水と混ざり合う時に発熱する性質を持つ

何故ホットクレンジングにグリセリンが含まれているのか考えれば上記のような事が主に理由に挙げられますが、この中で1番気になった事が「水と混ざり合う時に発熱する」といった部分ですね。

ただ、ホットクレンジングを使用する時は水で溶かして使うのではなく、手が乾いている状態で使用するというのが一般的です。純粋に温かさだけを感じたいなら水をつけて使用すれば温かさを感じやすくなるのではないか?と、簡単に考えればそういう疑問を抱いてしまうかもしれませんが、最初に水につけてしまうと肌に吸着しにくくなってしまう為、今度は汚れやメイクと馴染まなくなってしまうというわけですね。これではクレンジングの意味がなくなってしまいます。

うーん…なかなか思うようにはいきませんね。…って感じですか?(笑)

ホットクレンジングが温かく感じないのは水分が足りないから?

先ほど、ホットクレンジングに含まれるグリセリンが発熱する事で温かさを感じるという事をお伝えしました。その事を踏まえて改めて考えてみますと、ホットクレンジングが温かくないのはテクスチャーが肌に馴染む時の水分量が足りないから温かく感じないのかな?と、考える事が出来ますよね。

乾燥した手でテクスチャーを伸ばして肌につけていくので、後は肌に含まれる水分と使用する時の場所の温度・湿度によってホットクレンジングの温かさの感じ方が変わってくる可能性が高いと思いました。確かに夏に使用した時は湿度が高いので、今思えば冬に使用した時よりも温かさが強く感じたような気がしました。

それと、肌の水分量が少ない人はホットクレンジングの温かさを感じにくいのかもしれません。私もそうだと思うのですが、肌の水分量が少ない方だと思います。

肌自体に水分が少なければグリセリンが水分に交わる機会も一気に減ってしまうので、そのせいでグリセリンが発熱せず結果、温かさを感じないということに繋がるのかもしれませんね。

これは私なりに調べて考えてみた結果ではありますが、今までホットクレンジングが温かくないと感じた時の事を思い返すと何となく納得出来る部分があります。

ホットクレンジングが温かくないと感じてしまった時の対処法

それではホットクレンジングが温かくない原因等を踏まえ、今度はその対処法を考えていきましょう!

必ず顔と手に水がついていない状態で使用する

まず、顔や手についた水は綺麗にタオルで拭き取ってから使用しましょう。水がついていると一気にホットクレンジングの成分であるグリセリンが反応してしまい、一瞬のうちに温かさが感じなくなってしまう可能性があります。

また、水がついているとテクスチャーが肌に吸着しにくい為、今度は毛穴の汚れやメイクと馴染まなくなってしまうという悪循環に繋がります。

ホットクレンジングは寒い所に置かない

ホットクレンジングはなるべく寒い所に置かない方が良いでしょう。容器が冷えれば勿論テクスチャーが固くなってしまうので、手で伸ばして肌に馴染ませにくくなってしまいます。…とは言っても、大抵クレンジング類は洗面所やお風呂場に置いておく事が多いでしょうから、他に何処に置いたらいいのだろう…と考えてしまいまうかもしれませんね。

なかなか置き場所に苦労しそうですが、なるべく暖かい場所を探してホットクレンジングを置きましょう。窓があるのであれば冬場は窓際に置いておくと陽の光で多少暖かくなるかと思います。ただし、夜は陽が落ちてしまいますのでどのみち同じこと。暖房のある部屋に置いておいて使用するタイミングで洗面所に持って行くのが最も確実かもしれませんね。

適度に湿度や湿度がある場所で使う

寒くて乾燥した場所はグリセリンがうまく反応しにくいので、温かさを感じることが少なくなりがちです。ですから、なるべく温度や湿度が保たれた場所で使用する事が一番です。

そう考えると入ってからしばらく経ち暖かくなったお風呂場あたりが最適であるような気がしますが、お風呂場は必ずと言っていいほど顔と手は濡れてしまうので、それに気をつけてテクスチャーをつける事が必須です。テクスチャーを出す前はタオルで顔と手の水を拭き取ってから使用するとお風呂場が一番最適かもしれませんね。

テクスチャーをよく手で温めてから使用する

テクスチャーが冷えて固いとそもそも顔に吸着しにくく肌に馴染みません。肌に馴染まないという事はグリセリンが水分と反応しにくくなるという事だと思うので、テクスチャーが冷えて固い場合は手に乗せて体温でよ〜く温めてから使用しましょう。

ゆっくりと肌をマッサージをしながらテクスチャーをつける

ホットクレンジングに含まれるグリセリンが少しずつ水分と反応する事で発熱が起こる事で肌が温かく感じるので、雑にテクスチャーをつけてしまうと温かさを感じない可能性があります。ですから、急がずゆっくりとマッサージをしながらテクスチャーをつけていくと良いでしょう。

肌の保湿を保つ

肌が乾燥してしまうので洗顔後はよく水分をタオルで拭き取り、肌保湿クリーム等をきちんと塗って肌の保湿をキープしグリセリンが水分と反応する機会を高めましょう!!!

まとめ

色々考えてみましたが、ホットクレンジングが温かくないのは使用する時の場所の温度や湿度、使用時のテクスチャーの固さ、そしてその時の肌に含まれる水分が主に要因として考えられるのではないか?と、総合してみるとそのような結果に辿り着きました。

もちろん、ホットクレンジングの種類も関係があるかもしれませんが、同じホットクレンジングを同じように使っているのにも係わらず、その時その時によって温かさを感じる度合いが変わってくる事は様々な要因が重なってしまいそういった事で少しずつ温かさに変化が出てくるのかもしれません。

もしホットクレンジングの温かさを充分に感じたいと思うなら、使用する場所は暖まったお風呂場で使用する事が一番のおすすめと言えそうです。

テクスチャーをつける時はきちんと顔と手の水分はタオルで拭いてくださいね。そして、テクスチャーは充分に手で温めてからゆっくりとマッサージをしながら顔につけていきます。そうする事で、ホットクレンジングの温かさを充分に感じながら気持よく洗顔が出来る可能性が高まるでしょう。

これはあくまで私自身がホットクレンジングを使用し考察した結果で「可能性高くなる」という事ですから、必ずしも確実に温かさを実感できると断言は出来ません。しかし、「せっかくホットクレンジングを使っているのに全く温かくないじゃないかー!(#・∀・)」

と不満がある方は是非参考にしてくださいね。そして自分なりにホットクレンジングの温かさを実感する方法を探ってみてくださいっ♪

-知識

Copyright© ホットクレンジング図鑑 , 2019 All Rights Reserved.